FC2ブログ

萌えた体験談まとめサイト モエコム

萌えた体験談、Hな告白等を紹介するサイトです。
萌えた体験談まとめサイト モエコム TOP  >  スポンサー広告 >  ナンパの体験談 >  信用金庫でミスをした代償に(その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信用金庫でミスをした代償に(その2)

7132.jpg
私はもうがまんができませんでした。徐々に大きな声が出てしまいました。
「あんっ… あああっ… いい… ああん… はぁはぁ…」
彼は舌の先でクリトリスを刺激しながら、中指でGスポットを撫でました。

「ほら、いいんだろ?気持ちいいんだろ?この淫乱女め!ハァハァ」
「あああん… あああっ… はぁはぁはぁ… ああ、いい、あんっ…あんっ…」
「もっと声を出せよ。ホラホラ…」
ぴちゃぴちゃぴちゃ… くちゃくちゃくちゃ… ちゅぱちゅぱちゅぱ…
「ああっ!!あああ!!ああん!!はぁはぁはぁ… あんっ…ああ!!」
もう、頭の中が真っ白になりかけて、
「ああ、だめえぇー!!いく、いく、ああああああっ!!!いくぅーー!!!」
(ビクビクビクッ!!!)


次に彼は私の体を起こすと、私の目の前にちんちんを差し出してきました。
「さあ、これをしゃぶるんだ。」
私は当時、5人の男性との経験がありましたが、
こんなに大きいのは見たことがありませんでした。
興奮していた私は、早く欲しくて仕方がありませんでした。
唾液たっぷりの口で、たまたまを軽く含み、舌で転がすように舐めまわし、
そのあと、裏スジに舌を這わせ、先っぽをぺろぺろっと舐めました。
そのまま口に咥え、ゆっくり上下に動かしながら、
舌で先っぽやカリの部分を舐めまわしました。
ちゅぱちゅぱ… じゅるじゅる… ちゅぱちゅぱちゅぱ…ぴちゃぴちゃ…
彼は時々「うぅ…」「ああぁ…」「はぁはぁ」と声を漏らしていました。
私は更に激しく上下に動かしました。
彼は「ああ、上手だ… この淫乱女め… おしおきだ… あぅ…」と言いながら、
「さあ、四つん這いになって…」そういい、私の体を床に四つん這いにさせると、
後から一気に突いてきたのです。

「あああああっ!!」
私は思わず大きな声を上げました。ロッカー室中に響き渡りました。
彼のちんちんは奥までズンズンと突いてきます。
パンパンパンパンパンパンパンパン!!!
その音に合わせるように、私の声が上がります。
「あっあっあっあっあっあっ!!! あんっ… ああ…!!」
「はぁはぁ… いいよ… よく締まってる… そしてかわいいお尻だ…」
彼は私のお尻を撫でながら、奥まで激しく突いてきます。
「ああっ!あっあっ!!あんっ!!あんっ!!はぁはぁ…あああん…」
「いいよ… もっと声出して… はぁはぁ…」
両手でおっぱいをもみながら、更に激しく突いてきました。
パンパンパンパンパンパンパンパン!!!!
「あっあっあっ!!あああっ!!あああっ!!イイ…!!すごいー!!」
私はもうどうにもならないといった感覚に襲われました。

クリトリスでイったことはありますが、膣でイったことはありませんでした。
でも、イキそうなのが自分ですごくよくわかりました。
「ああっ!!ああ!ダメ… イク… あっあっあっあっ!!ああああっ!!」
「わかった… 僕も一緒にイクよ… まだダメだよ… まだ…」
パンパンパンパンパンパンパンパンパン!!!!
「あっあっあっ!!ああああっ!!ああ!!ダメ、がまんできないっ!!」
「よし、僕もイクよ… ううぅぅ… はぁはぁはぁ… い、イキそうだっ…」
「あああああああああああ!!!イ………イクぅっ………!!!」
「うううううっ!!!」
そして彼は急いで私を仰向けにすると、私の口の中にたくさん出してきました。
私の口の中は、彼の精子でいっぱいになりました。

それから私は○○さんとは、ほとんど口をきかないまま信金をやめました。
でも今でもあのセックスを思い出すと、
また誰かに犯されたくてしかたなくなるのです…。
[ 2011/07/13 21:00 ] ナンパの体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。